大人 C型 インフルエンザ 特徴

大人のC型インフルエンザの特徴と対策について

スポンサーリンク

C型のインフルエンザはあまり知られていないといえます。
A型やB型は予防接種なども頻繁に行わているということもあって名前は知っているという人も多いといえます。
しかし、実はC型のインフルエンザも毎年非常に流行しているということがあります。
大人でもしっかりと特徴を知り対策を取っておかなければ高熱が出てしまうことになります。
C型のインフルエンザの特徴は季節が1月から6月と他のインフルエンザよりも長いことです。
そして発熱などの他に咳や鼻水といった代表的な症状も出てきます。
それは他のインフルエンザと違いはないですが、熱が出るのが2日程度と普通の風邪と間違えてしまうくらいに短いということが特徴です。
そのために感染していても気づきにくいということがあり流行してしまうことになります。
子どもはもちろん大人でも注意が必要になります。
C型の場合にはA型やB型に比べて感染することで体が抗体を持って症状が出にくいという特徴があります。

スポンサーリンク

そのためにかかっているひとにも自覚がないことが多いというのが特徴になってきます。
そのため大人が発症して子供にうつってしまうということにも注意が必要になってきます。
とにかく大人でも熱が出てしまった場合にはC型のインフルエンザを疑うということも必要になってきます。
大人の場合には大きな症状が出ないので油断している場合がありますが、C型のインフルエンザは大人には軽度の症状でも乳幼児などには大きな症状となって出てくることもあります。
そういう意味では非常に小さなお子さんを持っている家族などは大人が注意しておく必要があります。
とにかくしっかりと予防をすることは大変に重要です。
しかしそれだけではなく特徴を知って対策をとるということも大切になります。
C型のインフルエンザは検査キットのようなものがないためになかなか気づきにくく症状も風邪に似ているため見逃しやすいということがあります。
特徴を知って十分に対策することが大切になります。

スポンサーリンク

関連ページ

インフルエンザに2回かかる原因はa型ウイルス!その理由とは!?
インフルエンザのウイルスはいつまで残っている?/消毒方法について
手と口の水洗い対処法がインフルエンザウイルスから体を守る
インフルエンザがうつる可能性のある期間/いつまで注意すればいいの?
インフルエンザの腹痛や下痢にはビオフェルミンで対処しましょう
夏にインフルエンザが流行した場合の対策について
インフルエンザ解熱後に低体温の症状について
インフルエンザの解熱剤としてコカールは効果がある??
インフルエンザ検査はいつまで陽性反応が出る!?
インフルエンザがプラスかマイナスか検査でハッキリさせよう
インフルエンザの検査結果が陰性だった場合の診断書
熱が下がってからインフルエンザの検査を受ける場合
インフルエンザの検査で結果が薄い原因
インフルエンザの検査は発症後の時間に注意!
鼻以外でインフルエンザ検査をする方法
病院でインフルエンザの検査を受ける時は何科を受診すればいい?
インフルエンザの検査キット/市販されていないことについて
インフルエンザの治療と食事のおすすめポイント
インフルエンザの予防方法と治療方法
インフルエンザで鼻水が出ない症状の対処方法
インフルエンザによる蕁麻疹の症状について
インフルエンザを発症して頭痛が治らない場合の対処方法
インフルエンザが治っても再発で発熱を繰り返してしまう原因とは!?
インフルエンザで鼻水が止まらない時の対処方法
48時間以降に服用するインフルエンザ薬の作用
インフルエンザは薬を飲まないで自然治癒する?
インフルエンザの予防接種には成分やリスクの知識について
大人がインフルエンザb型かかった時の症状とは!?
インフルエンザウイルスの排出期間について