インフルエンザウイルス 排出 期間

インフルエンザウイルスの排出期間について

スポンサーリンク

冬になるとインフルエンザが流行するようになっています。
このときに気になるのがインフルエンザウイルス排出期間となっています。
インフルエンザはウイルスによって感染するようになっているので、この排出期間をしっかりと頭に入れておくことで病気の予防をすることができます。
インフルエンザウイルスが増える時期というのは、温度が関係しています。
温度が高くなれば生存しにくくなっていますが、このときには湿度も関係していると考えるようにします。
インフルエンザウイルスが増えないようにするためには、温度と湿度の管理をしっかりと行うことが必要になります。
また人から人へと感染するようになっています。
このときに気になるのがインフルエンザウイルスの排出期間ということになります。
インフルエンザウイルスは非常に軽くなっているので、排出されて4時間後も浮遊しているというように考えられています。
感染率や増殖するインフルエンザウイルスでも生存できる期間は限られています。

スポンサーリンク

大人のインフルエンザウイルスの排出期間が気になります。
飛沫感染をするようになっていますが、排出期間のピークはインフルエンザ発症後24時間から74時間後と考えられています。
これをしっかりと頭に入れておくことで予防をすることができます。
しかし排出期間のピークが過ぎた後も注意をしなければいけません。
発症後5日間は鼻水やくしゃみと一緒にウイルスが排出されるようになっています。
したがってこの間は会社に行くことができません。
大人の場合4日から8日と考えられています。
これに対して子供の場合ですが、大人と比べると早く始まって遅く終わるという傾向があります。
排出のピークは大人とあまり変わりがありませんが、期間は7日から8日間続くようになっています。
最長で21日間も続くということがあります。
したがって子供の場合はとくに注意をする必要があります。
免疫力が少なく初めてインフルエンザに感染する場合が多いからと考えられています。

スポンサーリンク

関連ページ

インフルエンザに2回かかる原因はa型ウイルス!その理由とは!?
インフルエンザのウイルスはいつまで残っている?/消毒方法について
手と口の水洗い対処法がインフルエンザウイルスから体を守る
インフルエンザがうつる可能性のある期間/いつまで注意すればいいの?
インフルエンザの腹痛や下痢にはビオフェルミンで対処しましょう
夏にインフルエンザが流行した場合の対策について
インフルエンザ解熱後に低体温の症状について
インフルエンザの解熱剤としてコカールは効果がある??
インフルエンザ検査はいつまで陽性反応が出る!?
インフルエンザがプラスかマイナスか検査でハッキリさせよう
インフルエンザの検査結果が陰性だった場合の診断書
熱が下がってからインフルエンザの検査を受ける場合
インフルエンザの検査で結果が薄い原因
インフルエンザの検査は発症後の時間に注意!
鼻以外でインフルエンザ検査をする方法
病院でインフルエンザの検査を受ける時は何科を受診すればいい?
インフルエンザの検査キット/市販されていないことについて
インフルエンザの治療と食事のおすすめポイント
インフルエンザの予防方法と治療方法
インフルエンザで鼻水が出ない症状の対処方法
インフルエンザによる蕁麻疹の症状について
インフルエンザを発症して頭痛が治らない場合の対処方法
インフルエンザが治っても再発で発熱を繰り返してしまう原因とは!?
インフルエンザで鼻水が止まらない時の対処方法
48時間以降に服用するインフルエンザ薬の作用
インフルエンザは薬を飲まないで自然治癒する?
インフルエンザの予防接種には成分やリスクの知識について
大人がインフルエンザb型かかった時の症状とは!?
大人のC型インフルエンザの特徴と対策について