インフルエンザb型 大人 症状

大人がインフルエンザb型かかった時の症状とは!?

スポンサーリンク

寒い時期に流行することが多いインフルエンザb型ですが、大人が罹患してしまった時の症状とは、一体どのようなものなのでしょうか。
まずは、風邪と似たような症状が出てきます。
この時点ではインフルエンザb型ということに気が付かない大人が多いので、処置が遅れてしまうことが多々あります。
熱は38度程度まで上がりますが、40度という高熱は出ないので、ここでもまだ風邪の症状だと勘違いしてしまう大人が多いのです。
しかし、実際には風邪ではなくインフルエンザb型ですので、栄養を摂取したり寝ているだけでは症状は治まりません。
病院に行って検査を受けることで初めてインフルエンザb型だということが分かるのです。
大人の常として、大切な仕事があったり外せない用事があったりすることで、無理をして出かけてしまう場合が多いのですが、絶対に安静にしていなければいけません。
インフルエンザb型の菌を保有している期間は1週間ほどですので、大人だからこそマナーを守ることが大切です。

スポンサーリンク

インフルエンザb型に罹患すると、大体1週間ほどは外出しないように言われます。
大人がインフルエンザb型にかかっても、インフルエンザa型のような酷い症状が出ることがありませんので、2〜3日ほど経ったところで症状が収まったように感じることがあります。
しかし、治ったかもしれないと思い普通に生活してしまっては、また症状をぶり返してしまうのです。
インフルエンザb型の場合、熱が下がったり上がったりしますので、気を緩めずにゆっくりと休養することが大切なのです。
また、病院で何種類もの薬を処方して貰うことになるのですが、症状が収まったからと言って途中で飲むのを止めてはいけません。
罹患した日を計算しつつ処方してくれていますので、最後まできちんと飲むことが求められます。
周りに迷惑をかけないためにも、大人のインフルエンザb型は完全に治すまで、きちんと自宅療養することが求められます。
最後は、気が付かないほど緩やかに治っていきます。

スポンサーリンク

関連ページ

インフルエンザに2回かかる原因はa型ウイルス!その理由とは!?
インフルエンザのウイルスはいつまで残っている?/消毒方法について
手と口の水洗い対処法がインフルエンザウイルスから体を守る
インフルエンザがうつる可能性のある期間/いつまで注意すればいいの?
インフルエンザの腹痛や下痢にはビオフェルミンで対処しましょう
夏にインフルエンザが流行した場合の対策について
インフルエンザ解熱後に低体温の症状について
インフルエンザの解熱剤としてコカールは効果がある??
インフルエンザ検査はいつまで陽性反応が出る!?
インフルエンザがプラスかマイナスか検査でハッキリさせよう
インフルエンザの検査結果が陰性だった場合の診断書
熱が下がってからインフルエンザの検査を受ける場合
インフルエンザの検査で結果が薄い原因
インフルエンザの検査は発症後の時間に注意!
鼻以外でインフルエンザ検査をする方法
病院でインフルエンザの検査を受ける時は何科を受診すればいい?
インフルエンザの検査キット/市販されていないことについて
インフルエンザの治療と食事のおすすめポイント
インフルエンザの予防方法と治療方法
インフルエンザで鼻水が出ない症状の対処方法
インフルエンザによる蕁麻疹の症状について
インフルエンザを発症して頭痛が治らない場合の対処方法
インフルエンザが治っても再発で発熱を繰り返してしまう原因とは!?
インフルエンザで鼻水が止まらない時の対処方法
48時間以降に服用するインフルエンザ薬の作用
インフルエンザは薬を飲まないで自然治癒する?
インフルエンザの予防接種には成分やリスクの知識について
インフルエンザウイルスの排出期間について
大人のC型インフルエンザの特徴と対策について