インフルエンザ 薬 飲まない 自然治癒

インフルエンザは薬を飲まないで自然治癒する?

スポンサーリンク

インフルエンザは、毎年11月から2月にかけて流行るウィルス感染の病気です。
学校や会社などの集団がいる状況では感染もしやすいために、予防接種や帰宅時の手洗いなどで対策をする人も少なくありません。
万が一インフルエンザに感染したときは、通常は病院に行ってタミフルなどの薬を処方してもらう行為が一般的に見られるかもしれません。
しかし、インフルエンザは薬を飲まない場合でも自然治癒することが可能なのです。
というよりも、自然治癒はできるのですが、それを重症化させないために薬が処方されるわけです。
そのため、免疫力の低い小児や高齢者以外では、薬を飲まない自然治癒を心がけたとしても特に問題はありません。
そもそも、インフルエンザに効くタミフルなどの薬は、発症後48時間以内に飲まないと効果は薄いと言われています。
タミフルなどはインフルエンザの増殖を抑えるために効果があり、増殖してしまってからは遅くなります。
インフルエンザと気づいてだいぶん時間が経過していたり、年末年始などで病院に行けない事態となってしまったときには、自然治癒を選んでいく方が無理をしなくて済みます。

スポンサーリンク

インフルエンザなどのようなウィルス感染では、薬を飲まない場合でも自然治癒ができる病気は意外と多かったりします。
体内のウィルスが少なくなれば回復できるようになるので、自然治癒は無謀なことでは決してありません。
けれども、自然治癒には必要なことがいくつかあります。
それは、十分な休養と栄養です。
まずは体をしばらく休めるようにし、睡眠をたっぷり取らなければいけません。
そして栄養価の高い食事を取るように心がけます。
体が辛くて食欲がない場合でも、食べやすい食事などにしてとにかく栄養補給を行っていくことが大切です。
薬を飲まない分、これらを意識して行っていくようにしなければ、症状が長引いたり再発してくるおそれがあるからです。
インフルエンザの症状は、自然治癒の場合であればだいたい4〜5日で良くなります。
学校や会社に行っている場合は、感染病のため約1週間は休みを取らなければいけません。
薬を飲まない選択をしても病院で治療を受けた場合でも、その後の経過に差が出てしまうようなことは特にないです。
インフルエンザは薬を飲まないと治らないというのは思い込みであり、無理をしてまで通院するよりかは自然治癒を行っていく方がいい場合もあります。

スポンサーリンク

関連ページ

インフルエンザに2回かかる原因はa型ウイルス!その理由とは!?
インフルエンザのウイルスはいつまで残っている?/消毒方法について
手と口の水洗い対処法がインフルエンザウイルスから体を守る
インフルエンザがうつる可能性のある期間/いつまで注意すればいいの?
インフルエンザの腹痛や下痢にはビオフェルミンで対処しましょう
夏にインフルエンザが流行した場合の対策について
インフルエンザ解熱後に低体温の症状について
インフルエンザの解熱剤としてコカールは効果がある??
インフルエンザ検査はいつまで陽性反応が出る!?
インフルエンザがプラスかマイナスか検査でハッキリさせよう
インフルエンザの検査結果が陰性だった場合の診断書
熱が下がってからインフルエンザの検査を受ける場合
インフルエンザの検査で結果が薄い原因
インフルエンザの検査は発症後の時間に注意!
鼻以外でインフルエンザ検査をする方法
病院でインフルエンザの検査を受ける時は何科を受診すればいい?
インフルエンザの検査キット/市販されていないことについて
インフルエンザの治療と食事のおすすめポイント
インフルエンザの予防方法と治療方法
インフルエンザで鼻水が出ない症状の対処方法
インフルエンザによる蕁麻疹の症状について
インフルエンザを発症して頭痛が治らない場合の対処方法
インフルエンザが治っても再発で発熱を繰り返してしまう原因とは!?
インフルエンザで鼻水が止まらない時の対処方法
48時間以降に服用するインフルエンザ薬の作用
インフルエンザの予防接種には成分やリスクの知識について
大人がインフルエンザb型かかった時の症状とは!?
インフルエンザウイルスの排出期間について
大人のC型インフルエンザの特徴と対策について