インフルエンザ 薬 48時間以降 作用

48時間以降に服用するインフルエンザ薬の作用

スポンサーリンク

毎年インフルエンザの予防接種を受けている方もいらっしゃるかもしれませんが、予防接種を受けていても症状は軽いものの、これにかかる場合も少なくありません。
突然の高熱や体のだるさ、関節の痛みや吐き気などの症状がでたら、ただの風邪ではなくインフルエンザかもしれません。
感染能力の高さがあり、自分の周りに発症している人がいるのなら、高い確率でインフルエンザにかかることが予想されます。
また、インフルエンザか風邪か分からないけれど、仕事や病院の休日にあたってしまい、すぐに受診できない場合もあるかもしれません。
インフルエンザの薬を飲まないとこれは治らないのかと不安に思う方もいらっしゃるようですが、結論から言うとそのようなことはありません。
ただ、発症から48時間以内にインフルエンザ薬を服用すると、それ以上のウイルスの増殖が抑えられるので、症状の改善が期待できます。
薬が作用すれば熱も下がり、体のだるさや痛みも改善されてきます。
ここで気になるのが、48時間以内や48時間以降の問題のようです。

スポンサーリンク

ただ48時間以内に病院で検査をして、薬を服用できなかった場合、48時間以降でも服用した方が良いのか、疑問に思う方もいらっしゃるようです。
48時間以降では、ウイルスの増殖がピークを過ぎていることが多く、48時間以降に服用した場合では、増殖を抑える作用のあるインフルエンザ薬を服用しても作用はあまり変わらないことが多いです。
ただ、48時間以降でも、熱や咳や体のだるさを改善する対症療法的な治療をすることで体がだいぶ楽になります。
その為、それぞれの症状に合った薬が処方されます。
ウイルスの増殖を抑える作用を期待するのではなく、症状の軽減や改善の為の治療ですので、脱水ぎみの場合は点滴も必要になってくるかもしれません。
また、特に持病がある方や高齢者、乳幼児は48時間以降でもこのような治療が大変重要です。
脳症や肺炎などの合併症のリスクもあるからです。
時間が経っていてインフルエンザの薬を飲んでも作用は変わらなそうだから、受診しなくて大丈夫と思うのは、違うようです。
48時間以降でも病院を受診してみるのが良さそうです。
また、インフルエンザも風邪もですが、治療薬の作用だけでなく免疫力の高さが治りの早さにも関係しています。
薬の作用を期待するだけでなく、普段から免疫力の向上や維持ができるような生活習慣を心がけるのも大切です。

スポンサーリンク

関連ページ

インフルエンザに2回かかる原因はa型ウイルス!その理由とは!?
インフルエンザのウイルスはいつまで残っている?/消毒方法について
手と口の水洗い対処法がインフルエンザウイルスから体を守る
インフルエンザがうつる可能性のある期間/いつまで注意すればいいの?
インフルエンザの腹痛や下痢にはビオフェルミンで対処しましょう
夏にインフルエンザが流行した場合の対策について
インフルエンザ解熱後に低体温の症状について
インフルエンザの解熱剤としてコカールは効果がある??
インフルエンザ検査はいつまで陽性反応が出る!?
インフルエンザがプラスかマイナスか検査でハッキリさせよう
インフルエンザの検査結果が陰性だった場合の診断書
熱が下がってからインフルエンザの検査を受ける場合
インフルエンザの検査で結果が薄い原因
インフルエンザの検査は発症後の時間に注意!
鼻以外でインフルエンザ検査をする方法
病院でインフルエンザの検査を受ける時は何科を受診すればいい?
インフルエンザの検査キット/市販されていないことについて
インフルエンザの治療と食事のおすすめポイント
インフルエンザの予防方法と治療方法
インフルエンザで鼻水が出ない症状の対処方法
インフルエンザによる蕁麻疹の症状について
インフルエンザを発症して頭痛が治らない場合の対処方法
インフルエンザが治っても再発で発熱を繰り返してしまう原因とは!?
インフルエンザで鼻水が止まらない時の対処方法
インフルエンザは薬を飲まないで自然治癒する?
インフルエンザの予防接種には成分やリスクの知識について
大人がインフルエンザb型かかった時の症状とは!?
インフルエンザウイルスの排出期間について
大人のC型インフルエンザの特徴と対策について