インフルエンザ 治療 予防 方法

インフルエンザの予防方法と治療方法

スポンサーリンク

冬が近づいてくると気になってくるのがインフルエンザです。
インフルエンザは11月から12月にかけて流行が始まり、1月から3月にピークとなります。
子供や高齢者がインフルエンザに罹患した場合、重篤な症状に及ぶことがありますので、罹患しないための予防と罹患してからの適切な治療方法が大切です。
インフルエンザを完璧に防ぐことは不可能なので、予防接種で罹患の可能性を少なくする、日々の生活で予防することが必要です。
まずは食事です。
食事により体の健康を保ったり、芯から温めることが予防となります。
ビタミンが豊富な野菜や牛乳などの乳酸菌を多く摂取することで、腸内環境が整えられ免疫力が高まります。
また、水分を多めにし体の老廃物を出すことも良い予防方法です。
外出時はマスクを着用します。
ただし、マスクは自分の口とピッタリと合ったものを使います。
隙間があるとそこからウイルスが入ってきますので、意味がなくなります。
ドラッグストアなどで購入できるインフルエンザ専用のものがおすすめです。
また、手洗い、服などの消毒を徹底し、間接的な侵入を防ぐことも大事です。
インフルエンザの予防方法としては食事、マスク着用、消毒がとても大切です。

スポンサーリンク

インフルエンザが罹患してしまった場合は速やかに治療することが大事です。
罹患した当初は風邪と似ているため、勘違いすることも多いです。
また、症状が出てから12時間は医療機関の診断でもインフルエンザと判断されにくいです。
冬の時期に風邪かなっと思ったらすぐに行くのではなく、時間を多少開けてから医療機関に行き治療することが大事です。
治療方法として世間的に知られているのがタミフル錠です。
タミフル錠は罹患してから48時間以内に服用すると早めに完治します。
ただし、服用したからといってそれだけでは治りません。
外出を控えるのはもちろん、多くの水分が失われるためこまめな水分摂取が必要です。
また、家族にも罹患させる可能性がありますので、接触はさけるようにしましょう。
治療方法は風邪の治療とは異なりますので、早めに行うことが大切です。
ただし、判断できるための時間が必要なので、気になった場合は何度か医療機関を受診してください。
インフルエンザは予防方法、治療方法を熟知し、適切に行うことで重篤になることを防げる病気です。

スポンサーリンク

関連ページ

インフルエンザに2回かかる原因はa型ウイルス!その理由とは!?
インフルエンザのウイルスはいつまで残っている?/消毒方法について
手と口の水洗い対処法がインフルエンザウイルスから体を守る
インフルエンザがうつる可能性のある期間/いつまで注意すればいいの?
インフルエンザの腹痛や下痢にはビオフェルミンで対処しましょう
夏にインフルエンザが流行した場合の対策について
インフルエンザ解熱後に低体温の症状について
インフルエンザの解熱剤としてコカールは効果がある??
インフルエンザ検査はいつまで陽性反応が出る!?
インフルエンザがプラスかマイナスか検査でハッキリさせよう
インフルエンザの検査結果が陰性だった場合の診断書
熱が下がってからインフルエンザの検査を受ける場合
インフルエンザの検査で結果が薄い原因
インフルエンザの検査は発症後の時間に注意!
鼻以外でインフルエンザ検査をする方法
病院でインフルエンザの検査を受ける時は何科を受診すればいい?
インフルエンザの検査キット/市販されていないことについて
インフルエンザの治療と食事のおすすめポイント
インフルエンザで鼻水が出ない症状の対処方法
インフルエンザによる蕁麻疹の症状について
インフルエンザを発症して頭痛が治らない場合の対処方法
インフルエンザが治っても再発で発熱を繰り返してしまう原因とは!?
インフルエンザで鼻水が止まらない時の対処方法
48時間以降に服用するインフルエンザ薬の作用
インフルエンザは薬を飲まないで自然治癒する?
インフルエンザの予防接種には成分やリスクの知識について
大人がインフルエンザb型かかった時の症状とは!?
インフルエンザウイルスの排出期間について
大人のC型インフルエンザの特徴と対策について