インフルエンザ 治療 食事 おすすめ

インフルエンザの治療と食事のおすすめポイント

スポンサーリンク

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染することで起こります。
ウイルスが喉や肺にくっついて増殖することにより症状が出てきます。
感染経路は「飛沫感染」です。
インフルエンザに感染している人が咳やくしゃみをすると、そのしぶきの中にウイルスが含まれています。
それを吸い込むことによって感染するのです。
突然高熱が出るのが特徴で、38℃を超えるとインフルエンザが疑われます。
しかし38℃以下でも感染してる場合があるので、疑わしい症状があればきちんと検査して治療を受けることがおすすめです。
その他、関節や筋肉の痛み・だるさなど症状が全身に出る傾向があります。
治療は抗ウイルス薬を使用します。
これは発症後すぐに服用すれば、熱が下がるまでの期間が1〜2日短縮されると言われています。
治療薬は飲み薬と吸入がありますが、医師が患者さんをみて合うと思った方をおすすめしてくることもあります。
飲み薬は普通食後ですが、体調が悪い時は食事を摂れない場合もあります。
そのような時は食事に関係なく服用して問題ありません。
吸入も特に食事の前後に関係なく行って良いとされています。

スポンサーリンク

インフルエンザの治療は時間との勝負です。
48時間以内に治療薬を開始しないと、十分な効果が期待できません。
もし時間が過ぎていたら抗ウイルス薬は処方されない場合もありますが、咳や熱に対する治療薬はもらえますし、十分な食事と睡眠をとれば自然に回復します。
熱が下がってもウイルスはすぐいなくなるわけではないので、処方された治療薬はきちんと最後まで飲み切りましょう。
途中で薬をやめると、残ったウイルスが周りの人に感染する可能性があります。
インフルエンザはとにかく体力を消耗します。
バランスの良い食事を摂るのが勿論おすすめですが、辛くてそれ所ではないかもしれません。
食事をするのが辛いなら、無理せず寝ていましょう。
しかし水分だけはしっかり摂って下さい。
おすすめはイオン飲料ですが、他の飲み物でも構いません。
もし食事を摂る元気が出てきたら、おかゆや野菜スープ・うどんなど消化の良いものがおすすめです。
インフルエンザの予防としては、やはり予防接種がおすすめです。
しかし様々な事情で出来なかったり、予防接種しても感染する人もいます。
普段の食事と睡眠をしっかりとり、ウイルスに入り込ませない体を作っておくのがおすすめです。
そうすれば、万一感染しても回復が早く、重症化を防ぐことができます。

スポンサーリンク

関連ページ

インフルエンザに2回かかる原因はa型ウイルス!その理由とは!?
インフルエンザのウイルスはいつまで残っている?/消毒方法について
手と口の水洗い対処法がインフルエンザウイルスから体を守る
インフルエンザがうつる可能性のある期間/いつまで注意すればいいの?
インフルエンザの腹痛や下痢にはビオフェルミンで対処しましょう
夏にインフルエンザが流行した場合の対策について
インフルエンザ解熱後に低体温の症状について
インフルエンザの解熱剤としてコカールは効果がある??
インフルエンザ検査はいつまで陽性反応が出る!?
インフルエンザがプラスかマイナスか検査でハッキリさせよう
インフルエンザの検査結果が陰性だった場合の診断書
熱が下がってからインフルエンザの検査を受ける場合
インフルエンザの検査で結果が薄い原因
インフルエンザの検査は発症後の時間に注意!
鼻以外でインフルエンザ検査をする方法
病院でインフルエンザの検査を受ける時は何科を受診すればいい?
インフルエンザの検査キット/市販されていないことについて
インフルエンザの予防方法と治療方法
インフルエンザで鼻水が出ない症状の対処方法
インフルエンザによる蕁麻疹の症状について
インフルエンザを発症して頭痛が治らない場合の対処方法
インフルエンザが治っても再発で発熱を繰り返してしまう原因とは!?
インフルエンザで鼻水が止まらない時の対処方法
48時間以降に服用するインフルエンザ薬の作用
インフルエンザは薬を飲まないで自然治癒する?
インフルエンザの予防接種には成分やリスクの知識について
大人がインフルエンザb型かかった時の症状とは!?
インフルエンザウイルスの排出期間について
大人のC型インフルエンザの特徴と対策について