インフルエンザ 検査キット 市販

インフルエンザの検査キット/市販されていないことについて

スポンサーリンク

インフルエンザは発症してから48時間経過してウィルス量がピークになります。
したがって、それまでに薬を飲まなければ効果が発揮されにくいので、検査で素早く結果が出ることが要求されます。
また、検査は素早さだけでなく、正確性も問われるという理由から、検査では簡易検査キットが使われます。
インフルエンザの簡易検査キットは、綿棒で患者の鼻の奥の粘液を採取して検査するものです。
自宅で市販の検査キットを使って検査をしたいと考える人も多いです。
しかし、検査キットは体外診断用医薬品に分類されていて、医療機関での使用を目的とされているので市販されていません。
市販されていないので、自宅で自分でインフルエンザを発症しているかどうかを検査することはできません。
たとえ自宅で検査できる検査キットが市販されていた場合でも、インフルエンザの検査は難しいです。
市販されていたとしても綿棒を使って鼻の奥の粘膜を採取る際に、医師や看護師でなければ鼻の奥が傷つく場合があります。

スポンサーリンク

医師や看護師が検査を行っても鼻血が出る場合があるので、市販されていたとしても医療従事者以外の者が同じように検査をするには危険が伴います。
仮に市販されていてそれを使って上手く粘膜が採取できたとしても、その粘膜を適切に検査することが医療従事者以外にとっては非常に難しいです。
38度以上の高熱などインフルエンザが疑われる症状がある場合には、たとえ病院まで行くだけでしんどかったとしても、タクシーを使うなどして病院へ行く必要があります。
また、インフルエンザの簡易検査キットには、綿棒を鼻から入れることなく鼻水で検査できるものもあります。
検査は数十分程度で結果が出て、さらにインフルエンザの型まで分かります。
また検査キットでは健康保険が適用されるので、患者は支払いを3割負担で二千円以内に納めることができます。
ここで、インフルエンザの発症から検査までの期間が短いと陽性の場合でも結果が陰性になる場合があるので検査を早くやりすぎてもいけません。
インフルエンザ発症から24時間以上経過してから検査をするのが良いです。

スポンサーリンク

関連ページ

インフルエンザに2回かかる原因はa型ウイルス!その理由とは!?
インフルエンザのウイルスはいつまで残っている?/消毒方法について
手と口の水洗い対処法がインフルエンザウイルスから体を守る
インフルエンザがうつる可能性のある期間/いつまで注意すればいいの?
インフルエンザの腹痛や下痢にはビオフェルミンで対処しましょう
夏にインフルエンザが流行した場合の対策について
インフルエンザ解熱後に低体温の症状について
インフルエンザの解熱剤としてコカールは効果がある??
インフルエンザ検査はいつまで陽性反応が出る!?
インフルエンザがプラスかマイナスか検査でハッキリさせよう
インフルエンザの検査結果が陰性だった場合の診断書
熱が下がってからインフルエンザの検査を受ける場合
インフルエンザの検査で結果が薄い原因
インフルエンザの検査は発症後の時間に注意!
鼻以外でインフルエンザ検査をする方法
病院でインフルエンザの検査を受ける時は何科を受診すればいい?
インフルエンザの治療と食事のおすすめポイント
インフルエンザの予防方法と治療方法
インフルエンザで鼻水が出ない症状の対処方法
インフルエンザによる蕁麻疹の症状について
インフルエンザを発症して頭痛が治らない場合の対処方法
インフルエンザが治っても再発で発熱を繰り返してしまう原因とは!?
インフルエンザで鼻水が止まらない時の対処方法
48時間以降に服用するインフルエンザ薬の作用
インフルエンザは薬を飲まないで自然治癒する?
インフルエンザの予防接種には成分やリスクの知識について
大人がインフルエンザb型かかった時の症状とは!?
インフルエンザウイルスの排出期間について
大人のC型インフルエンザの特徴と対策について