風邪 微熱 治し方

風邪の微熱の治し方について

スポンサーリンク

風邪をひいたときには、鼻水や咳が出るようになっています。
また熱が出ることもありますが、最初のうちは喉の痛みや鼻水ということが多くなっています。
このような症状で回復すればいいのですが、微熱が出るというようなこともあります。
微熱が出ると体がだるくなってしまい仕事や学校に支障を来すことがあります。
しかし仕事は簡単に休むことができません。
このようなときには風邪の症状を少しでも早く回復させる必要があります。
そこで気になるのが風邪の際の微熱の治し方となります。
微熱の治し方としては、気をつけなければいけないポイントがあります。
それは体を冷やさないということになります。
微熱があるということは、体がウイルスと闘っている証拠です。
したがって体に余計な負担をかけないようにします。
疲れや体の冷えは症状を悪化させてしまうことになります。
したがって安静にして体をしっかりと温めることが大切になります。
ここで汗をかいて熱を下げるということは行わないようにします。

スポンサーリンク

お風呂にはいるということがありますが、微熱があるときには温めのお湯に15分から20分程度はいるようにします。
これで心と体をリラックスさせることができます。
湯冷めをしないように脱衣所は温かくしておくようにします。
また入浴後はすぐに布団にはいるようにします。
体を冷やすというのは大敵となっています。
また微熱の治し方としては、食事はあまり無理をして食べないようにします。
栄養をしっかりととらなければいけないと考えている人がいますが食欲が低下しているのでたくさんの量を食べることができません。
このようなときに無理に食べてしまうと、体には良くありません。
食欲があるときに欲しいものを食べられる分だけ食べるようにします。
また熱があるからといって解熱剤を使うという人がいますが、これはあまりよくありません。
熱があるということはウイルスと闘うために発生している症状となります。
無理に下げてしまうとさらに症状が続いたり、回復までに時間がかかってしまうことがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク