インフルエンザ検査 方法 鼻 以外

鼻以外でインフルエンザ検査をする方法

スポンサーリンク

まずインフルエンザ検査方法といえば鼻へ長い綿棒を入れて粘膜液を採取する方法が一般的ですが実は鼻以外からもインフルエンザ検査は可能です。
しかしながら鼻からの検査方法の方が絶対では無いものの正確な確率としては85%と高いので多くの医療機関で行われているのが現状です。
それ以外として挙げられるのが「喉頭ぬぐい液」といい喉に鼻同様に長い綿棒で奥の方を擦って採取しないとならない為、空腹時の検査が望ましいです。
食後ですと反射で戻ってきてしまうことがありますので又、鼻よりも確率が60%〜80%と下がります。
他にもティッシュやラップに直接、鼻水で検査するインフルエンザ検査を行う方法があります。
これが一番楽な検査と思われがちですが正常に結果が出る確率が最も低く40%と言われています。
インフルエンザと風邪は症状も違えば使える薬も違ってくるので、どうしても確率の高い喉以外や鼻水以外の検査を採用する医療機関が多いのが現状です。

スポンサーリンク

喉以外にしても鼻水以外の検査を選ぶにしても何よりインフルエンザにはタイミングが大切で症状が出始めて12時間以上経過してから検査をする必要があります。
早いうちに検査をしたいと思っていてもウィルスが少ないと結果に反映されにくいため判断が難しくなります。
インフルエンザウィルスは感染すると驚異的な速さで増殖し感染後8時間で100個だったウィルスが16時間後には1万個そして1日では100万個に増えています。
インフルエンザは急な発熱があり12時間以上経過しても下がらぬ場合に医療機関へ受診しインフルエンザ検査へと進みます。
インフルエンザ薬は48時間以内に投与する必要があるため正確性の高いインフルエンザ検査方法が必須となってきます。
鼻でのインフルエンザ検査が痛くて苦しく辛い場合は麻酔を喉に吹きかけてから行う方法もあります。
特に小児の場合には暴れて他の場所に刺さったりしまわぬように用いる医療機関もあるそうです。
このようにインフルエンザ検査はタイミングが早過ぎても遅すぎてもウィルスの数が重要になりますので、どのような方法でもタイミングが大切です。
また、これらの検査は内科以外でも受けることが可能な場合もありますので医療機関へ問い合わせの上、受診してください。

スポンサーリンク

関連ページ

インフルエンザに2回かかる原因はa型ウイルス!その理由とは!?
インフルエンザのウイルスはいつまで残っている?/消毒方法について
手と口の水洗い対処法がインフルエンザウイルスから体を守る
インフルエンザがうつる可能性のある期間/いつまで注意すればいいの?
インフルエンザの腹痛や下痢にはビオフェルミンで対処しましょう
夏にインフルエンザが流行した場合の対策について
インフルエンザ解熱後に低体温の症状について
インフルエンザの解熱剤としてコカールは効果がある??
インフルエンザ検査はいつまで陽性反応が出る!?
インフルエンザがプラスかマイナスか検査でハッキリさせよう
インフルエンザの検査結果が陰性だった場合の診断書
熱が下がってからインフルエンザの検査を受ける場合
インフルエンザの検査で結果が薄い原因
インフルエンザの検査は発症後の時間に注意!
病院でインフルエンザの検査を受ける時は何科を受診すればいい?
インフルエンザの検査キット/市販されていないことについて
インフルエンザの治療と食事のおすすめポイント
インフルエンザの予防方法と治療方法
インフルエンザで鼻水が出ない症状の対処方法
インフルエンザによる蕁麻疹の症状について
インフルエンザを発症して頭痛が治らない場合の対処方法
インフルエンザが治っても再発で発熱を繰り返してしまう原因とは!?
インフルエンザで鼻水が止まらない時の対処方法
48時間以降に服用するインフルエンザ薬の作用
インフルエンザは薬を飲まないで自然治癒する?
インフルエンザの予防接種には成分やリスクの知識について
大人がインフルエンザb型かかった時の症状とは!?
インフルエンザウイルスの排出期間について
大人のC型インフルエンザの特徴と対策について