インフルエンザ 検査 薄い 原因

インフルエンザの検査で結果が薄い原因

スポンサーリンク

インフルエンザにかかったとしても、検査で陽性反応が薄い、あるいは出ないこともあります。
原因の一つは、既に治りかけている可能性が高い事です。
熱が出て何日間か寝込んでから検査をしたときには起こりがちですが、菌を保持しているから陽性とはなりますが、どうしても薄い可能性はあります。
インフルエンザキットを利用しても反応が薄い場合、完全に菌が繁殖してない可能性が高いからです。
インフルエンザは発症してから24時間前後で発熱しますが、発熱後24時間以内は検査しても反応が薄いことも珍しくありません。
病院に行く時間がないからとキットを購入し、検査をしている人は多数います。
しかし、時期を間違えないようにすることが、反応が薄い状態にならない対策の一つです。
原因として考えられるもう一つとして、ウイルスの量が少ない場合といいます。
ウイルスの量は人によって異なりますが、早期に病院にかかったりキットを使ったことが原因で陽性としての反応が薄くなることは覚えておいてください。

スポンサーリンク

コントロールラインと呼ばれるラインまで菌が繁殖していることが、陽性とみなされる原因です。
しかし、薄く感じられる原因である発症して間がない事、ウイルスの量が少ないことは、良く挙げられている原因となります。
しかし、ウイルスの用が薄くても油断しないことが回復につながるので、注意が必要です。
インフルエンザウイルスが一定量にはなくても、体内に保菌している可能性があるなら、安静にして他の人に移さないよう、配慮しましょう。
インフルエンザ検査を受けて保菌していることを周囲に告げ、マスクをして安静に過ごすことを心掛けてください。
医療機関の情報だけに頼らず、自分の体調の状態を確認しておくことは重要といえます。
率先してインフルエンザ対策を自ら講じることで、周囲の人に移すリスクは避けられるといえるので、できることはやりましょう。
検査結果が薄いといえども、検査を受ける原因はインフルエンザの症状が発生しているからなので、薄いからとはいえ油断は禁物です。

スポンサーリンク

関連ページ

インフルエンザに2回かかる原因はa型ウイルス!その理由とは!?
インフルエンザのウイルスはいつまで残っている?/消毒方法について
手と口の水洗い対処法がインフルエンザウイルスから体を守る
インフルエンザがうつる可能性のある期間/いつまで注意すればいいの?
インフルエンザの腹痛や下痢にはビオフェルミンで対処しましょう
夏にインフルエンザが流行した場合の対策について
インフルエンザ解熱後に低体温の症状について
インフルエンザの解熱剤としてコカールは効果がある??
インフルエンザ検査はいつまで陽性反応が出る!?
インフルエンザがプラスかマイナスか検査でハッキリさせよう
インフルエンザの検査結果が陰性だった場合の診断書
熱が下がってからインフルエンザの検査を受ける場合
インフルエンザの検査は発症後の時間に注意!
鼻以外でインフルエンザ検査をする方法
病院でインフルエンザの検査を受ける時は何科を受診すればいい?
インフルエンザの検査キット/市販されていないことについて
インフルエンザの治療と食事のおすすめポイント
インフルエンザの予防方法と治療方法
インフルエンザで鼻水が出ない症状の対処方法
インフルエンザによる蕁麻疹の症状について
インフルエンザを発症して頭痛が治らない場合の対処方法
インフルエンザが治っても再発で発熱を繰り返してしまう原因とは!?
インフルエンザで鼻水が止まらない時の対処方法
48時間以降に服用するインフルエンザ薬の作用
インフルエンザは薬を飲まないで自然治癒する?
インフルエンザの予防接種には成分やリスクの知識について
大人がインフルエンザb型かかった時の症状とは!?
インフルエンザウイルスの排出期間について
大人のC型インフルエンザの特徴と対策について