インフルエンザ 検査 プラス マイナス

インフルエンザがプラスかマイナスか検査でハッキリさせよう

スポンサーリンク

インフルエンザは検査を受ける事でプラスかマイナスになっているかが分かります。
プラスが陽性でマイナスが陰性です。
陽性の場合はインフルエンザにかかっているかもしれません。
反対に陰性だとインフルエンザにかかっていないと言えるでしょう。
ですが、1度きりの検査で決めつけてはいけません。
何故ならインフルエンザの検査は陽性だと判断された場合でも翌日に再度検査を受けると陰性に変わってしまう場合があるからです。
プラスがマイナスにマイナスがプラスに変わってしまうのは、インフルエンザを発症してから24時間内にウイルスの増減が激しくなります。
ウイルスの増減が激しいので1度きりの検査でプラスと判断されてもマイナスになり、マイナスがプラスになるなどあいまいな検査になってしまいます。
あいまいな検査になるという事は何が本当なのか分からない状態にあるので再度インフルエンザの検査を受ける必要があるという事です。
再度検査を受ける事で本当の診断結果が分かります。

スポンサーリンク

インフルエンザがプラスからマイナスに変わり、マイナスからプラスに変わる事を偽陰性と呼ばれています。
偽陰性もインフルエンザの1種になるので治療を受けないといけません。
治療を受けると薬が処方されます。
偽陰性のインフルエンザの場合は処方された薬を48時間以内に飲まないといけないのです。
48時間以内に処方された薬を飲むと偽陰性は治まります。
ですが、48時間を過ぎて飲んでしまった場合は薬の効果は期待できないでしょう。
先に述べた診断が信頼できるかというと微妙です。
1度の診断で陽性か陰性か判断がつく時もあれば何回も診断しないと結果が分からない時もあります。
陰性と判断されたとしても油断してはいけないです。
陽性でなければ身体に異常がなく健康体だと錯覚してしまいがちです。
陰性で倦怠感を覚え夜間に急な高熱が出てしまったら、かかりつけの所に行きましょう。
急患なので予約を入れてなくても早期に治療してくれます。
治療すると効果が期待できる薬を処方してくれるので早期に飲むと良いです。

スポンサーリンク

関連ページ

インフルエンザに2回かかる原因はa型ウイルス!その理由とは!?
インフルエンザのウイルスはいつまで残っている?/消毒方法について
手と口の水洗い対処法がインフルエンザウイルスから体を守る
インフルエンザがうつる可能性のある期間/いつまで注意すればいいの?
インフルエンザの腹痛や下痢にはビオフェルミンで対処しましょう
夏にインフルエンザが流行した場合の対策について
インフルエンザ解熱後に低体温の症状について
インフルエンザの解熱剤としてコカールは効果がある??
インフルエンザ検査はいつまで陽性反応が出る!?
インフルエンザの検査結果が陰性だった場合の診断書
熱が下がってからインフルエンザの検査を受ける場合
インフルエンザの検査で結果が薄い原因
インフルエンザの検査は発症後の時間に注意!
鼻以外でインフルエンザ検査をする方法
病院でインフルエンザの検査を受ける時は何科を受診すればいい?
インフルエンザの検査キット/市販されていないことについて
インフルエンザの治療と食事のおすすめポイント
インフルエンザの予防方法と治療方法
インフルエンザで鼻水が出ない症状の対処方法
インフルエンザによる蕁麻疹の症状について
インフルエンザを発症して頭痛が治らない場合の対処方法
インフルエンザが治っても再発で発熱を繰り返してしまう原因とは!?
インフルエンザで鼻水が止まらない時の対処方法
48時間以降に服用するインフルエンザ薬の作用
インフルエンザは薬を飲まないで自然治癒する?
インフルエンザの予防接種には成分やリスクの知識について
大人がインフルエンザb型かかった時の症状とは!?
インフルエンザウイルスの排出期間について
大人のC型インフルエンザの特徴と対策について