インフルエンザ 検査 いつまで 陽性

インフルエンザ検査はいつまで陽性反応が出る!?

スポンサーリンク

風邪かインフルエンザウイルスかわからない場合、検査を行うのが一般的です。
ただし、ウイルスの陽性反応が出るのは発熱してから24時間前後といわれています。
発症してから陽性反応が出るのに時間がかかるため、検査を受けるのは発熱してからにしてください。
インフルエンザは発熱がひどく、数日たつと下がりますが、熱が下がっても検査を受けた場合、いつまでインフルエンザに陽性反応が出るのか、気になる人は少なくありません。
基本的に陽性反応が出るのはウイルスが体内にいる間、ずっと出るといわれています。
インフルエンザ検査の内容は、熱の上下に関係ありません。
いつまでも菌が体内にいるかどうか、それだけを判断する物です。
そのため、熱が下がっても保菌者の可能性がある場合、反応が出ます。
熱が下がってからも医師は安静にしていることや、外出時はマスクをつけることを推奨する場合が多いです。
これは、まだ体内に菌がいるリスクを考え、他人に感染しないための自衛対策となります。

スポンサーリンク

インフルエンザで発熱するのは数日で、いつまでも発熱しているわけではありません。
しかしながら、熱が下がった以上いつまでも寝床に張り付いているわけにいかないのも事実です。
検査を受けて陰性になってから出かけようとしている人も少なくありません。
しかし、体内でのインフルエンザウイルスは、長期間体内にいる可能性が高く、一見治ったように見えても、検査すると陽性と判断されがちです。
他の人に移さないようにするためには、外出時にマスク、外出後のうがい、手洗いを大切にしてください。
いつまでも体内にインフルエンザが存在しないよう、自己免疫力を高めるために、夜更かしをせず、安静にして眠ることが重要です。
1週間ほどで検査による陽性反応がなくなる可能性は少なくありません。
そのため、いつまでも体内に菌を保持しないような努力を続けてください。
熱が出ていない限り、何度も検査を受ける必要はありません。
いつまでも陽性ではないかと不安にならず、体調管理をしっかりすることが大切です。

スポンサーリンク

関連ページ

インフルエンザに2回かかる原因はa型ウイルス!その理由とは!?
インフルエンザのウイルスはいつまで残っている?/消毒方法について
手と口の水洗い対処法がインフルエンザウイルスから体を守る
インフルエンザがうつる可能性のある期間/いつまで注意すればいいの?
インフルエンザの腹痛や下痢にはビオフェルミンで対処しましょう
夏にインフルエンザが流行した場合の対策について
インフルエンザ解熱後に低体温の症状について
インフルエンザの解熱剤としてコカールは効果がある??
インフルエンザがプラスかマイナスか検査でハッキリさせよう
インフルエンザの検査結果が陰性だった場合の診断書
熱が下がってからインフルエンザの検査を受ける場合
インフルエンザの検査で結果が薄い原因
インフルエンザの検査は発症後の時間に注意!
鼻以外でインフルエンザ検査をする方法
病院でインフルエンザの検査を受ける時は何科を受診すればいい?
インフルエンザの検査キット/市販されていないことについて
インフルエンザの治療と食事のおすすめポイント
インフルエンザの予防方法と治療方法
インフルエンザで鼻水が出ない症状の対処方法
インフルエンザによる蕁麻疹の症状について
インフルエンザを発症して頭痛が治らない場合の対処方法
インフルエンザが治っても再発で発熱を繰り返してしまう原因とは!?
インフルエンザで鼻水が止まらない時の対処方法
48時間以降に服用するインフルエンザ薬の作用
インフルエンザは薬を飲まないで自然治癒する?
インフルエンザの予防接種には成分やリスクの知識について
大人がインフルエンザb型かかった時の症状とは!?
インフルエンザウイルスの排出期間について
大人のC型インフルエンザの特徴と対策について