インフルエンザ 下痢 ビオフェルミン 対処

インフルエンザの腹痛や下痢にはビオフェルミンで対処しましょう

スポンサーリンク

インフルエンザにはA、B、Cの3つの型があり、A型の場合は熱が高く、喉の痛みや頭痛、咳、鼻水などの風邪に似た症状が現れますが、比較的早く治ります。
一方B型は、A型ほどには熱が上がらず、消化器系の症状が見られます。
C型はあまり見られませんが、上気道感染、つまり鼻から喉にかけての症状が出やすいです。
いずれの場合も、対処方法としてはまず病院に行きましょう。
ところでB型インフルエンザの消化器系症状、つまり腹痛や下痢ですが、特に大人がB型インフルエンザに感染した場合は、この症状が比較的多く見られます。
その一方で子供の場合はA型、B型どちらのインフルエンザに罹っても、下痢を起こす可能性が高いです。
なぜインフルエンザで下痢が起こるのでしょうか、それはウイルスを外に出すための防御反応なのです。
いわゆるノロウイルスによる胃腸炎との違いは、熱が出るか出ないかが決め手となります。
また子供に多いロタウイルスによる胃腸炎と比較した場合、ロタウイルス感染の方が下痢がひどいです。

スポンサーリンク

このような症状の対処方法として、ビオフェルミンの服用があります。
一般に腹痛や下痢がある時の対処法には、止瀉薬の服用がありますが、インフルエンザの場合は、ウイルスを外に出すのが一番の対処方法なので、止瀉薬を飲むと、ウイルスが体内に留まってしまうことがあります。
ですからこの場合は止瀉薬でなく、ビオフェルミンのような整腸剤を飲むのが一番の対処方法です。
もちろんビオフェルミンも種類は様々で、中には止瀉薬の効果を持つビオフェルミンもありますが、それではなく、ごく一般的なタイプのビオフェルミンです。
このビオフェルミンを服用して行けば、体に無理をさせずに、腹痛や下痢に対処できます。
またインフルエンザの薬を服用した時に、副作用として腹痛や吐き気を起こすこともあります。
このような場合は自分だけで対処しようとせず、すぐに薬を処方してくれた病院に行くようにしましょう。
インフルエンザの腹痛や下痢のみならず、ちょっとした腹痛にもビオフェルミンは効果がありますので、常備しておくのがいいでしょう。

スポンサーリンク

関連ページ

インフルエンザに2回かかる原因はa型ウイルス!その理由とは!?
インフルエンザのウイルスはいつまで残っている?/消毒方法について
手と口の水洗い対処法がインフルエンザウイルスから体を守る
インフルエンザがうつる可能性のある期間/いつまで注意すればいいの?
夏にインフルエンザが流行した場合の対策について
インフルエンザ解熱後に低体温の症状について
インフルエンザの解熱剤としてコカールは効果がある??
インフルエンザ検査はいつまで陽性反応が出る!?
インフルエンザがプラスかマイナスか検査でハッキリさせよう
インフルエンザの検査結果が陰性だった場合の診断書
熱が下がってからインフルエンザの検査を受ける場合
インフルエンザの検査で結果が薄い原因
インフルエンザの検査は発症後の時間に注意!
鼻以外でインフルエンザ検査をする方法
病院でインフルエンザの検査を受ける時は何科を受診すればいい?
インフルエンザの検査キット/市販されていないことについて
インフルエンザの治療と食事のおすすめポイント
インフルエンザの予防方法と治療方法
インフルエンザで鼻水が出ない症状の対処方法
インフルエンザによる蕁麻疹の症状について
インフルエンザを発症して頭痛が治らない場合の対処方法
インフルエンザが治っても再発で発熱を繰り返してしまう原因とは!?
インフルエンザで鼻水が止まらない時の対処方法
48時間以降に服用するインフルエンザ薬の作用
インフルエンザは薬を飲まないで自然治癒する?
インフルエンザの予防接種には成分やリスクの知識について
大人がインフルエンザb型かかった時の症状とは!?
インフルエンザウイルスの排出期間について
大人のC型インフルエンザの特徴と対策について