インフルエンザ うつる いつまで 期間

インフルエンザがうつる可能性のある期間/いつまで注意すればいいの?

スポンサーリンク

インフルエンザは驚異的な感染力を持ち、飛沫や接触、空気によっても感染する可能性があります。
寒い時期に流行るために毎年予防が呼びかけられ、感染をした人はしばらく人との接触を避けなければいけません。
このインフルエンザは、発症後はいつまでうつる可能性があるのでしょうか。
特に一緒に住んでいる家族にはこういった知識を持っていなければ、家族全員が感染してしまうおそれもあります。
インフルエンザがうつる可能性のある期間がいつまでなのかを知っておけば、家族や他の人への接触や、それに対する看病の仕方にも気を付けることができます。
インフルエンザは、体内にウィルスが侵入することで増殖をしていきます。
感染をしてからすぐに発熱が出るのではなく、だんだんと不調を感じてきた後に熱がどんどん上がっていくようになります。
発熱してから熱が下がるまでの期間は4〜5日と言われ、その後十分な体力回復のために2日は様子を見なければいけません。
つまり、いつまでうつる可能性があるのかは、発熱後から様子を見る期間までが当てはまります。

スポンサーリンク

インフルエンザを発症してしまったら、最低でも1週間は静養をする必要があります。
人によって治る期間は違うかもしれませんが、再発や人にうつる可能性を考えればいつまで静養する必要があるのかは重要なことです。
発熱中はもちろんのことですが、熱が落ち着いた後も2日は様子を見なければ体内のウィルスが完全になくなっていない可能性もあります。
また、インフルエンザの感染直後は発熱は見られませんが、ウィルスが微量ながらも体内に侵入しているため、感染してしまう場合も考えられます。
発熱後から1週間は特にうつる感染力が高いため注意しなければいけませんが、発熱前の風邪のような症状にもインフルエンザを疑っておいた方が無難です。
このように、感染の可能性を考えてうつる期間がいつまでなのか考慮するのは周囲のことも考えた対策となります。
家族で感染した人が出た場合は、看病をする人以外はうつる期間も考えてなるべく接触しないように心がけた方がいいでしょう。
看病をする人は衣類や食器などの洗浄に気をつけたり、本人の回復を考えていつまで静養させた方がいいのかも知っておくべきです。
しかし、根本はインフルエンザに感染しないようにするのが大切であり、そのためには日ごろから対策を行っていかなければいけません。
ウィルスが流行り出す期間がいつまでになるのか気を付ければ、マスクの装着や手洗いなどが自然と習慣になります。

スポンサーリンク

関連ページ

インフルエンザに2回かかる原因はa型ウイルス!その理由とは!?
インフルエンザのウイルスはいつまで残っている?/消毒方法について
手と口の水洗い対処法がインフルエンザウイルスから体を守る
インフルエンザの腹痛や下痢にはビオフェルミンで対処しましょう
夏にインフルエンザが流行した場合の対策について
インフルエンザ解熱後に低体温の症状について
インフルエンザの解熱剤としてコカールは効果がある??
インフルエンザ検査はいつまで陽性反応が出る!?
インフルエンザがプラスかマイナスか検査でハッキリさせよう
インフルエンザの検査結果が陰性だった場合の診断書
熱が下がってからインフルエンザの検査を受ける場合
インフルエンザの検査で結果が薄い原因
インフルエンザの検査は発症後の時間に注意!
鼻以外でインフルエンザ検査をする方法
病院でインフルエンザの検査を受ける時は何科を受診すればいい?
インフルエンザの検査キット/市販されていないことについて
インフルエンザの治療と食事のおすすめポイント
インフルエンザの予防方法と治療方法
インフルエンザで鼻水が出ない症状の対処方法
インフルエンザによる蕁麻疹の症状について
インフルエンザを発症して頭痛が治らない場合の対処方法
インフルエンザが治っても再発で発熱を繰り返してしまう原因とは!?
インフルエンザで鼻水が止まらない時の対処方法
48時間以降に服用するインフルエンザ薬の作用
インフルエンザは薬を飲まないで自然治癒する?
インフルエンザの予防接種には成分やリスクの知識について
大人がインフルエンザb型かかった時の症状とは!?
インフルエンザウイルスの排出期間について
大人のC型インフルエンザの特徴と対策について