インフルエンザ a型 2回かかる 理由

インフルエンザに2回かかる原因はa型ウイルス!その理由とは!?

スポンサーリンク

インフルエンザにかかった後もう1回かかる、つまり2回かかることがあるのをご存知ですか。
ちょっと意外に思われるかもしれません。
普通インフルエンザは1回かかったら、抗体ができるため、2回かかることはないと思われがちです。
なぜ2回かかるのでしょうか。
その理由は、インフルエンザの型にあります。
通常インフルエンザはa型、b型、そしてc型の3つの型があります。
この中でa型は症状が早く出て高熱がありますが、その代わり回復も往々にして速いです。
一方b型の方は、症状はさほどひどくありませんが、完全に治るまでには時間がかかります。
そしてc型というのは、これは滅多に見られません。
普通インフルエンザという場合は、a型またはb型のことになります。
そして2回かかる理由としては、a型は特に、ウイルスの変異が激しいということが挙げられます。
つまり、一旦a型にかかって治っても、その後ウイルスが変異してしまったという理由で、またかかってしまうということもあるのです。

スポンサーリンク

また、予防接種をしていたのにインフルエンザにかかってしまったという話もよく聞きます。
これも2回かかるのと理由は同じです。
つまり、予防接種の時のワクチンが、その年流行しているウイルスのタイプに効果が無い、あるいは本来効果があるはずなのに、ウイルスの変異が激しくて、結局効果が無くなってしまったというのがその大きな理由となります。
このような理由から、インフルエンザは場合によっては2回かかることもあると考えておきましょう。
またa型は、たとえば香港型とソ連型といった感じで、タイプが違うことも理由となりえます。
まずどちらかに感染した後、別のタイプに感染し、結果的に2回かかるということになってしまうのです。
また1回インフルエンザにかかった後、抗体が十分できない状態だと、a型でなくても、同じタイプのものに2回かかることもあります。
このようなこともありますので、インフルエンザはまず予防を徹底的にして、もしかかった場合は、早めに病院で治療を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

インフルエンザのウイルスはいつまで残っている?/消毒方法について
手と口の水洗い対処法がインフルエンザウイルスから体を守る
インフルエンザがうつる可能性のある期間/いつまで注意すればいいの?
インフルエンザの腹痛や下痢にはビオフェルミンで対処しましょう
夏にインフルエンザが流行した場合の対策について
インフルエンザ解熱後に低体温の症状について
インフルエンザの解熱剤としてコカールは効果がある??
インフルエンザ検査はいつまで陽性反応が出る!?
インフルエンザがプラスかマイナスか検査でハッキリさせよう
インフルエンザの検査結果が陰性だった場合の診断書
熱が下がってからインフルエンザの検査を受ける場合
インフルエンザの検査で結果が薄い原因
インフルエンザの検査は発症後の時間に注意!
鼻以外でインフルエンザ検査をする方法
病院でインフルエンザの検査を受ける時は何科を受診すればいい?
インフルエンザの検査キット/市販されていないことについて
インフルエンザの治療と食事のおすすめポイント
インフルエンザの予防方法と治療方法
インフルエンザで鼻水が出ない症状の対処方法
インフルエンザによる蕁麻疹の症状について
インフルエンザを発症して頭痛が治らない場合の対処方法
インフルエンザが治っても再発で発熱を繰り返してしまう原因とは!?
インフルエンザで鼻水が止まらない時の対処方法
48時間以降に服用するインフルエンザ薬の作用
インフルエンザは薬を飲まないで自然治癒する?
インフルエンザの予防接種には成分やリスクの知識について
大人がインフルエンザb型かかった時の症状とは!?
インフルエンザウイルスの排出期間について
大人のC型インフルエンザの特徴と対策について