風邪 食べ物 一人暮らし

一人暮らしの風邪対策にはコレ!効く食べ物とは!?

スポンサーリンク

のどの痛みやくしゃみ、咳などの局所症状が現れるのが風邪で、進行は流行性感冒とは異なり、ゆるやかに進行するために一人暮らしの方の場合にはひき始めに対策を取ることが重要です。
風邪の場合には発熱は無い、もしくは37度から38度程度で寒気が軽く出るのも特徴の1つです。
頭痛や関節痛なども軽いため、一人暮らしの方の場合にはひき始めの症状が重度化するか否かに繋がってきます。
身体の免疫が低下しやすい子供や高齢者のみならず、栄養不足や疲れからも招きやすいため、食べ物などの栄養バランスなどで対抗します。
抗菌・抗ウイルス作用の強い食品などを上手く取り入れることも風邪予防に繋げられる内容です。
風邪に対抗するには免疫が要となりますが、血液中のビタミンDの濃度が低下すると上手く働いてくれないため、ビタミンDは重要視すべき栄養素の1つです。
抗ウイルス作用を持つディフェンシンと呼ばれる物質の産生を増幅させることができるため、一般的な風邪から流行性の症状にまで働きかけてくれる利点も挙げることができます。

スポンサーリンク

無理をせず、まずは安静にしてゆっくり休むことが大切で、その際、身体を冷やさないように気を付けることも重要です。
風邪ウイルスは熱に弱いために体温が上がった方が撃退しやすくなるのも特徴で、厚手の服を重ね着したり、生姜湯や葛湯などの温かい飲み物をとったりして身体を内側からも温めるのが効果的です。
一人暮らしでは看病に携わる人物もいないことから、食べ物も出来合いの物で栄養を補給することが身体へ負担をかけないポイントです。
例えば、お粥やうどんなど、消化の良い食べ物を選ぶことで胃腸に負担をかけずに早い完治に繋がりますし、レトルト食品を利用する場合には栄養価の高い卵や体調維持に欠かすことのできないビタミンやミネラルが取れるカット野菜などをプラスすることが一人暮らしでも負担とならない食事内容です。
もちろん、発熱を伴う場合や吐き気などの症状などでは、無理に食べることは避け、こまめに水分補給を行い、様子を観察することが大切です。

スポンサーリンク