風邪 引く 痩せる

風邪を引くことで痩せる!?その原因と対処方法

スポンサーリンク

風邪の症状には発熱やのどの痛みが挙げられていますが、風邪を引くことで腹痛や下痢の症状を引き起こすウイルスによる不調も挙げられており、下痢によって痩せる悩みを訴える方は少なくないのが実情です。
腸管ウイルスと呼ばれる風邪のウイルスによって、引き始めの症状の発熱やのどの違和感に加え、腹痛を伴う下痢などの症状が現れやすい特徴があります。
体内に侵入するウイルスは、排便によって排泄されて回復するものの、免疫が低下していたり手強いウイルスによっては体内に潜んだまま、回復までに時間を要するケースも挙げられています。
特に夏風邪を引くと、身体の防御反応として下痢の症状が見受けられ、水分や老廃物が排出されるためにその分だけ痩せるケースもあります。
しかしながら、風邪を引くことで下痢止めを服用することは避けるのが重要で、腸管運動の抑制成分が含まれているために回復を遅らせる原因となります。
また、寝ているだけでも水分は失われてしまい、体力を消耗しやすく、奪われた水分の分だけ痩せるためにこまめな水分補給は必須です。

スポンサーリンク

下痢の症状がある場合、脱水症状を起こしやすくなるためにお腹に負担をかけない常温のミネラルウォーターやスポーツドリンクなどの摂取が必要です。
風邪を引くことで栄養不足を補うことは重要ですが、無理に食べることで排出の回数が増えて体力も消耗してしまい、身体に負担がかかります。
食欲がある際に少しずつ食べることで減量した体重を戻すことに繋がります。
例えば、消化に良いのはお粥や豆腐などの柔らかい食品で、タンパク質を含むことでエネルギーとして使われます。
また、腹痛を伴う症状の場合には胃腸を整える効果として果物を取り入れることも必要で、身体から排出されやすいビタミン類まで含むリンゴなどはすりおろすと負担をかけずに効果的です。
また乳酸菌なども意識的に摂取することも腹痛を和らげるポイントとなり、栄養価も高いためにお粥などに発酵食品を加えるなどの取り入れ方で効率良く摂取することで回復を早めることが可能です。
体重が減量するのは一時的なものであり、回復期に栄養豊富な食事を意識することで元の体重へと戻るのも夏風邪の特徴です。

スポンサーリンク