風邪 ウイルス 寿命

風邪ウイルスの寿命はどれくらい?期間と予防法について

スポンサーリンク

風邪にかかってしまった時によくいわれることは、直接風邪に効く薬はないということです。
病院で診断を受けて処方される薬といえば解熱剤や鼻水を抑える作用のものばかりです。
実際に原因となっているウイルスや病原体を攻撃するのは体が本来持っている免疫機能だといえます。
そういう意味では基本的に薬によって抑えるというのは対処療法であるということになります。
むやみに熱を下げてしまうと体の免疫機能の働きを抑えることにもなってしまうので多用は避けたほうがいいということです。
ウイルスには寿命があります。
衣服などに取り付いたウイルスは8時間から12時間程度生存していると言われています。
非常に湿気の少ない低温の場所を好むので、適度に湿度を保つことは非常に大切になってきます。
湿度が60%を超えると8割以上が死滅すると言われています。
適切な対応をすることで感染を防止することも出来ます。
とにかく口からの感染が非常に多いので注意が必要になってきます。

スポンサーリンク

風邪はかかってしまってからでは結局のところ自分の免疫機能に頼る以外に治す方法がないといえます。
部屋を清潔にして乾燥を防ぐということが何よりの風邪の予防になります。
ウイルスは単体では死滅することがあっても増殖をするということもあります。
十分に手を洗うなどの対策をすることが大切です。
流行の季節になると外出すれば必ずといっていいくらいに咳をしている人に出会います。
口からの感染が非常に多いということを考えるとウイルスの寿命を考えるよりも積極的に取り込まないようにすることが一番です。
そのためにはマスクや手を洗うことを何度も行ってウイルスが入ることを防ぐということが一番効果的です。
もしも住みやすい環境であった場合には一般的な寿命よりも長く生き続けている場合があります。
とにかく体に取り込まないように予防することが大切です。
実際にかかってしまったらとにかく体力が消耗しないように栄養をつけて免疫機能を助けるというのが正しい対処法です。

スポンサーリンク