風邪 薬 顔むくみ

風邪薬で顔むくみが出る場合の原因と対処方法

スポンサーリンク

風邪薬のせいで顔むくみが生じたという経験を持つ人は珍しくありません。
これは風邪を引いているとき、マスクをしたまま眠る人が多く、その跡がくっきりと残ることからも明らかです。
 では、何故顔むくみが起きるのかと言いますと、それは腎臓の機能が低下しているからです。
腎臓は人体において重要な働きをしています。
身体の老廃物を尿として排出したり、体内の水分や塩分を調整するのは、全て腎臓の役割なのです。
 その腎臓が何らかの理由で役割を果たせなくなると、体内の水分調整や体液成分の調節ができなくなります。
その結果として顔むくみが生じてしまうのです。
 これを避けるために必要なのは、そもそも風邪を引かないように気をつけることです。
これは単なる気構えではなく、規則正しい生活を日頃から心がけるという意味になります。
 普段から栄養のバランスの取れた食事をしていれば、そう簡単に病気になることはありません。
そこを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク
 

風邪薬の中に含まれている成分には、腎臓の働きを阻害するものもあります。
これの影響で体内の水分調整がうまくいかなくなり、顔むくみが生じてしまうのです。
 あまり症状がひどい場合は、薬を変えるようにしましょう。
薬の効果に関しても個人差があり、別のものに変えたとたん、むくみがなくなるというのは、珍しい話ではありません。
 このとき、合わせて食生活を振り返ってみましょう。
むくみというものは、不摂生が原因で起きることも多いので、それを意識する必要があります。
 なお、風邪を引いているときに水分には違いないとアルコール類を摂取すると、身体の調子が余計に悪くなります。
 これはアルコールには肝臓の働きを低下させる面があるからです。
そして肝臓は免疫力を司る部分なので、そこがまともに動かなくなると、余計に顔むくみがひどくなります。
 このように、風邪で顔むくみが生じた際は、気をつけなければならないポイントが複数あります。
油断しないようにしましょう。

スポンサーリンク