風邪薬 過剰摂取 副作用

風邪薬の過剰摂取による副作用!さまざまな症状について

スポンサーリンク

風邪の引き始めに市販の風邪薬を服用するケースは多いものの、回復までに時間を要するウイルスに注意が必要で、冬よりも夏風邪の症状は回復が遅れやすい特徴が挙げられています。
冬の風邪は乾燥や寒さを好むウイルスによる影響があるため、温めることで撃退することができて風邪薬の効き目も感じやすい特徴があります。
一方、夏風邪の場合には気温や湿度の高い環境による活性化したウイルスが増殖しやすくなります。
熱にも強いために潜伏期間も長くなり、市販の風邪薬の効き目が感じにくく過剰摂取しやすい状態を招きます。
薬の乱用によって副作用が現れやすくなり、代表的なのはむくみや頭痛、吐き気などの副作用です。
過剰摂取にならないためにも、原因となるウイルスに働きかける風邪薬の服用が重要となりますが、自然治癒による免疫療法が夏風邪には効果的であるため、症状がひどい場合に用法や用量を守り服用することが求められます。
また、子供や高齢者に関しては適正な服用であっても、免疫が弱いためにバリア機能も低下しやすく、副作用が現れてしまう場合もあるために経過を観察することは必要です。

スポンサーリンク

鼻水や咳などの症状がある場合、熱を下げて体力の消耗を防ぐために市販の風邪薬を服用しますが、鼻風邪は治りが遅く、過剰摂取によっては鼻孔の炎症やアレルギー症状などの副作用が現れやすく、可能な限り副作用の心配の少ない漢方薬を服用するのが適しており、激しい咳や鼻づまりによって眠れない時に利用する方法が適しています。
さらに風邪では高熱が出る症状に見舞われるケースもあり、解熱鎮痛作用のある成分が含まれている市販薬が利用できます。
発熱によって体力も消耗されやすくなるためにビタミン類が配合されている市販薬を選択することもポイントです。
夏に引く風邪は熱に強いウイルスであるために、ウイルスが体内から排出されるまでには時間がかかり、治りが遅く感じられる分、薬を過剰に摂取しがちですが、成分表をチェックして選ぶことや薬剤師の指導を受けることも重要です。
また栄養補給としてのドリンク類は過剰摂取することによって薬の効果を半減させてしまいやすいため、水などで水分補給することも重要です。

スポンサーリンク