風邪 飲酒 治りかけ 影響

治りかけの風邪は飲酒の影響がある?症状と対処方法

スポンサーリンク

風邪が治りかけたから飲酒をしたという経験を持つ人は、世の中にたくさんいます。
これはお酒が大好きな人ほど顕著です。
寝込んでいるときはさすがに遠慮していたのだが、治りかけだともう我慢はできないという塩梅です。
しかし、風邪を引いているときに飲酒をすると、無視できない影響が身体に表れます。
まず、免疫力が低下します。
これは気のせいではなく事実です。
人体が持つ免疫力を作り出しているのは肝臓なのですが、飲酒をすると、その肝臓がアルコールを分解する方を優先させてしまい、風邪に対する免疫力を低下させてしまうのです。
お酒を飲むと体温が上がり、暖まったような気がしますが、それは一時的なものです。
治りかけのときにそれをやったりしたら、風邪のウイルスが勢いを盛り返し、再び寝込むことになりかねません。
そのため、風邪を引いている人がお酒を欲しがった場合は、周りの人がそれを止めるようにしましょう。
その悪影響は無視できないものがあります。

スポンサーリンク

風邪を引くと熱が出ます。
そのため、大汗をかいて水分が不足する傾向にあります。
そのため、こまめな水分補給は必須となります。
そういう意味からすれば、お酒もまた飲み物には違いないため、病人が欲しがったら飲ませてもよいような気がしますが、それは危険なのでやめましょう。
それは何故かと言いますと、アルコールには身体の水分を奪う力があるからです。
こちらも肝臓が絡んでいる話です。
肝臓はアルコールを分解する際、大量の水分を消費します。
発熱に伴う発汗で、ただでさえ水分を失っているのに、更に水分が必要となると、脱水症状を起こす、あるいはそれが悪化するという状態を迎えても、何ら不思議はありません。
また、お酒を飲むとよく眠れると考えている人が少なくありませんが、それをしても質のよい睡眠を取ることができません。
かえって疲れをためる原因になります。
このように、飲酒がもたらす各種の悪影響は無視できないものがあるのです。
気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク