風邪 薬 顔 むくみ 原因

風邪薬と顔のむくみの原因について

スポンサーリンク

風邪薬を飲むと顔にむくみが生じることがあります。
これはマスクのゴム部分の跡が残るため、自分だけではなく周りにも分かりやすいものとなります。
 では一体何が原因なのかと言いますと、風邪薬に含まれているグリチルリチンにその理由があります。
 グリチルリチンは抗炎症作用や解毒作用があるため、胃腸薬などにも入っており、ある意味でなじみのある存在となっています。
 そしてそのグリチルリチンは、副作用として顔にむくみをもたらします。
そのため、あまりそれがひどい場合は、担当医もしくはドラッグストアの人にその旨を訴えて、別の薬に変えるようにしましょう。
 グリチルリチンは全てに入っている訳ではありません。
そのため、服用しているものを変えただけで、何ともなくなるというのは、珍しい話ではないのです。
 基本的には風邪を引かなければ済む話なので、日頃から健康に気を遣った生活を送るようにしましょう。
これは栄養のバランスの取れた食事を心がけるだけでもだいぶ変わります。

スポンサーリンク

顔にむくみができる原因としては、腎臓の機能の低下も考えられます。
腎臓は人体において無視できない働きをしている部分です。
 これは体内の老廃物を排出したり、水分や塩分のバランスを取ったり、血圧を調整するホルモンを分泌したりするという形で発揮されています。
 では、その腎臓が正確な働きをしなくなる原因と言えば何なのかと言いますと、それは乱れた生活習慣です。
 これは夜型生活となり、眠る時間が不規則になったり、塩分が多い食品ばかりを取るようになると、たちまち悪影響が出てきます。
 そしてそのような生活を続けていると、人体が持つ免疫力が低下し、風邪を引きやすくなります。
そして風邪を引くと、先に説明したように、グリチルリチンを含んだ薬の世話になることが多いため、顔にむくみが生じてしまうのです。
 このように、物事には原因となるものが複数存在します。
日頃から健康によくないことをしているという自覚がある人は、それを改めるようにしましょう。

スポンサーリンク