風邪菌 いつまで 滞在

風邪菌はいつまで体内に滞在してる?その期間について

スポンサーリンク

風邪菌が体内に滞在している期間は、風邪菌に侵入されてしまった者の免疫力、対策、行動により、全く異なります。
簡単な一例をあげれば、風邪をひいてしまった40代の男性がいるとします。
その男性は比較的に健康であり、仕事も精力的にこなせて、体力も免疫力も高い、免疫力がある方でだとします。
しかし、疲労が続いてしまい仕事にも追われ、一時的に身体の免疫力が落ちてしまった場合には、風邪菌に侵入されてしまって、風邪をひく事があります。
この事例、一例では、その40代男性はもともとが健康的であり、身体の免疫力が高い場合には、治りも早いのです。
行動や対策により菌が滞在している期間は異なりますが、仮に3日は休暇をとり、布団で寝たきり、一日三回、薬を服用すれば素早く治るのです。
もとが免疫力が高い、健康的ならば更に治る速度が早いと言えます。
いつまで菌が滞在しているかは一概には言いきれないのですが、風邪を引き起こす菌よりも人間の免疫力の方が強いと言えます。

スポンサーリンク

身体に入り込んだ風邪菌の滞在期間は対策により異なります。
薬を服用しなければ、菌はなかなか死滅してはくれないのです。
一度、風邪菌の侵入を許してしまい、喉の痛みやくしゃみ、鼻水などがあらわれて、さらには熱まであらわれた場合には、薬は服用した方が良いのです。
ひきはじめならば薬を服用しなくともいくらでも対策はとれますが、熱が高いとなると菌はいつまでもしつこくなり、治るまでに時間がかかるようになります。
しかしいつまでもと申しましても、風邪を引いて一ヶ月も寝込む事も滅多にないと判断出来ます。
長くて二週間ほどですが、大体の場合では薬をきちんと服用して、三日や四日が経過すれば不思議と良くなるのが基本となります。
しかし、薬を服用しないと話は別になりますから、きちんと服用して休暇をとる事が早く治す為の手段となります。
また、風邪にかからぬ様に日頃から身体の免疫力を高めていく事が必要となります。
一日三食、野菜ジュースやバナナ、ヨーグルトを追加するだけでも全く違います。

スポンサーリンク