風邪 引いたら 何科

風邪を引いたら何科を受診するべき?内科?耳鼻科?

スポンサーリンク

一般的に風邪を引いたら何科を受診すれば良いかというと成人であれば内科か耳鼻咽喉科で子どもであれば小児科か耳鼻咽喉科というのが基本的な選択肢にはなるのですが、本来風邪というものには一部のウイルスを除き特効薬のようなものは存在していないのであくまでも医師が処方するものは対処療法が基本になります。
結論から言えば数日安静にしていれば治るのが一般的な風邪の治し方というのが答えになりますが、やはりインフルエンザのような早く受診をすることで効果の期待できる薬がある事を考えると医療機関での受診が大切になるとも言えます。
特に自分ではなかなか症状を説明できない子どもなどは早めに医療機関を受診することで大きな病気が潜んでいた場合に早期の治療を開始できるので注意が必要になります。
どちらにしても風邪とは言っても、咳や喉の症状をはじめ発熱や他の症状があるようであればとりあえずはかかりつけの内科や小児科か耳鼻咽喉科を受診する事が大切になります。

スポンサーリンク

風邪を引いたら安静が一番の薬とも言えますが、医療機関を受診する事で違う病気が発見される事が最も意味があることなのかもしれません。
基本的に風邪は先ほども説明したようにこれといった特効薬はなく、咳があれば咳止め、喉の炎症があれば腫れの引く薬といったように基本的にはその症状によって対象の仕方が変わります。
従って誤解をおそれずに言えば、何科で診察をしてもらっても診察や診断は出来る事が多いのが特徴でもあります。
家からの距離や混雑の状況などもありますが、自分の症状に応じて内科や小児科でも良いと思いますし耳鼻咽喉科でも問題はありません。
基本的には何科というよりも風邪を引いたら何科でも対応はできますが、鼻や喉の症状であれば耳鼻咽喉科が良いかもしれませんし、肺炎や気管支炎が心配であれば内科や小児科での対応が良いと言えます。
それぞれの専門医が診療をして、更に何か他の病気の危険性があれば検査をして必要であれば専門的な病院を紹介してくれます。
本来は数日間の安静が最も良いと言われていますが、肺炎などの重篤な病気も考えられますので念のために医療機関を受診しておくのも良い判断になります。

スポンサーリンク