風邪で休む メール 方法

風邪で休むのをメールで伝える方法

スポンサーリンク

学生時代に風邪で休むという経験をしたことがある人は少なくありません。
これは季節の変わり目などで体調を崩した結果起きるものであり、そんなに負い目を感じる必要はありませんでした。
しかし、社会人ともなると、気楽に休みは取れません。
されども、急な高熱などで動けないときに会社に行くのは無理があります。
そういう場合はどうすればよいのかと言えば、直属上司にまずメールで様子を伝えましょう。
風邪はインフルエンザと比べると、空気感染でうつされる確率は低いですが、それでも隣にいるだけでうつされる危険はあります。
そんなに忙しい時期でなくても、関係者の間で風邪が流行すれば、誰しもが困ります。
メールではその旨を訴えるか、それをにおわせるようにしましょう。
そうすれば、殆どの場合は、風邪で休むと伝えても、それを止められることはありません。
しかし、この方法は日頃からまじめにしている人でないと信憑性が薄れるため、きちんとやっておきましょう。

スポンサーリンク

風邪で休むとメールで伝えるのが構わない会社なら、直属上司だけではなく、社内の関係部署にもそれを伝えておきましょう。
急ぎの仕事であれば、同僚にそれを引き継いでもらう必要があるからです。
その場合は、相手に腰を低くして頼むようにしましょう。
迷惑をかけるにしても、何も伝えないでおくと、向こうも慌てます。
急ぎ処理しなければいけない案件があるのなら、それを報せておくのは、社会人として最低限のマナーです。
場合によっては、社外の人とも連絡を取る必要があります。
これは人と会う約束をしていたのに、当日連絡もなしにドタキャンするという格好を避けるためです。
その方法としては、現在自分が置かれている状況を簡潔に纏め、メールで送信しましょう。
相手も事情を聞けば、急病だと納得してくれるので、トラブルはまず起きません。
このように、風邪で休むとメールで伝える方法としては、関係者に余分な混乱を起こさないのを第一としましょう。

スポンサーリンク