インフルエンザ 症状 予防接種 検査 潜伏期間

インフルエンザの症状、予防接種、検査、潜伏期間などの基本的な概要について

インフルエンザに感染した場合は風邪と勘違いしてしまいがちです。
人から人へとうつる感染症ですのでしっかりとした知識で治療を行うことが大切です。
このカテゴリーではさまざまな原因や症状などについて解説しています。
深く掘り下げた情報も載せていますので別ページもご覧ください。
では最初に基本的に概要についてお話していきましょう。

スポンサーリンク

【インフルエンザとは!?】
インフルエンザウイルスが喉や肺、気管支などに感染し増殖することによって発症する病気です。
子どもでも大人でも感染する可能性がある病気のひとつです。

 

「ウイルスの種類」
大まかに分けるとA型、B型、C型の3つのタイプに分かれます。
ここからさらに分けると100種類以上の種類があると言われています。
昔はA型とB型が多くを占めていましたが、2009年以降新型インフルエンザウイルスが流行するようになってきました。
また人間に感染するものと鳥に感染する鳥インフルエンザに分けることも出来ます。

 

【流行時期】
季節性の場合には毎年11月から12頃にかけて多くなっていき、1月〜3月にピークを迎えます。
上述した新型は5月から感染が確認されています。

 

【感染経路】
主な感染経路は2種類です。
・飛沫感染…感染者の席やくしゃみなどによってウイルスが空気中へ飛散し、それを吸い込むことによってうつるもの
・接触感染…感染した人の粘膜などからウイルスが手などに付着しドアノブ、スイッチ、タオルなどに触れ、他の人がそれを触り粘膜に触れることによってうつるもの

 

この2種類になりますので、感染経路しっかりと確認することによって予防方法が見えてきます。
それは後程解説していきましょう。

 

【症状】
ウイルスに感染すると症状が強く表れるのは平均して3日程になります。
発症してからの3日間に出るのは以下のものになります。

・38度以上の高熱
・筋肉痛、関節痛
・頭痛
・倦怠感、食欲不振

 

急性期にはこのような症状が起こりやや遅れて咳、鼻水、喉の痛み、腹痛、吐き気などが起こります。
主に呼吸系統の症状が多いです。
その期間というのはおよそ7日〜10日ほどで徐々におさまっていきます。

 

「風邪との違い」
大きな違いというのは感染するウイルスが異なります。
風邪の場合にはライノウイルス、コロナウイルス、アデノウイルスなどのウイルスに感染することによって起こります。
また季節を問わずに起こります。
インフルエンザよりも症状は軽い場合が多いです。
大乗的なものはくしゃみ咳、鼻水、鼻づまりなどで、発熱は微熱で終わることもあります。

 

【予防方法】

・手洗い、うがいの実施
・人混みへの外出は控える(想定される場合にはマスクの着用)
・食事によって免疫力を高める
・室内の湿度を50%〜60%にする

 

これらを実施することによって感染を防ぐことが出来ます。
上述した感染経路を考えればこのような答えにたどり着くと思います。

スポンサーリンク

【感染してしまった!うつさないようにするためには!】
基本的には感染が確認された場合には職場や学校、人がいる場合には行かないようにしましょう。
ただし病院へ行く必要があるかと思いますので、その場合には病院へインフルエンザに感染している旨を伝えましょう。
その際にはマスクを忘れないようにして下さい。
家庭内で移ることを防ぐのは難しいですが以下のことに注意してください。

・部屋の換気を行う
・マスクを着用する
・共用のタオルなどは分けて使用する
・手をこまめに洗う

 

これらのことに気を付けましょう。
熱が下がったと言ってもウイルスはまだ生存している可能性があります。
熱が引いたあとも2日ほどは様子を見ましょう。

 

【予防接種】
予防接種を受けることによって感染を防ぐ効果を期待できます。
金額はおよそ3000円ほどで受けることが出来ます。

 

「なぜ予防できるかのを簡単にお話していきましょう。」
ワクチンはウイルスを弱めたものを身体に注射によって接種します。
半強制的にウイルスに感染させることによって身体の中に抗体を作ります。
そのためウイルスに感染しにくくしたり感染したとしても症状が軽く終わります。

 

ワクチンと言えウイルスを弱めたものになりますので副反応が出る場合もあります。
発熱、倦怠感、吐き気、頭痛、めまい、リンパの腫れなどが起こる可能性があります。
軽いものがほとんどになりますので症状は2〜3日ほどで終わることがほとんどです。

 

「近年では予防接種に効果がないと言われ始めました」
この理由はインフルエンザウイルスはさまざまな種類があるからです。
またウイルス自体も進化します。
これは人から人へと感染する際に小さな異変を繰り返すためです。
ワクチンを作った時と接種する時ではウイルスが変わってしまっている場合があります。
このことから予防接種をしたとしても効かないということが考えられます。

 

【まとめ】
インフルエンザというのは簡単に説明すると風邪の強いものと考えることが出来ます。
しかし人から人への感染を経て小変異を繰り返しますし、毎年のように新型が出てくるのが爆発的な流行のきっかけとなっています。
完全に防ぐということは難しいかもしれません。
ただし予防をすることによって確率は下げられますので積極的に行いましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザの症状、予防接種、検査、潜伏期間などの基本的な概要について記事一覧

インフルエンザにかかった後もう1回かかる、つまり2回かかることがあるのをご存知ですか。ちょっと意外に思われるかもしれません。普通インフルエンザは1回かかったら、抗体ができるため、2回かかることはないと思われがちです。なぜ2回かかるのでしょうか。その理由は、インフルエンザの型にあります。通常インフルエンザはa型、b型、そしてc型の3つの型があります。この中でa型は症状が早く出て高熱がありますが、その...

インフルエンザになったら、自宅療養に専念することが望ましいです。調子がよくなるまでは安静にすることが必要不可欠です。インフルエンザ発症後にいつまでそのウイルスが残っているかというと、一週間から二週間ほどは他人に感染する可能性も高いです。同居している家族とは別室で過ごすなど配慮することが大切です。身内にインフルエンザの患者が出た場合、いつまで隔離するべきかは担当医の指示に従うことが確実です。うがいや...

普通の風邪とは違う症状が出るのがインフルエンザです。またウイルスの感染力が強いため、咳やくしゃみで飛沫し、感染範囲を拡大する恐れがあります。そのためインフルエンザウイルスと診断された、もしくはインフルエンザウイルスにかかっている場合は、自宅療養が言い渡されます。その期間はウイルスを飛ばさないよう、隔離された空間で過ごす必要があるため、どうしても外せない用事以外は、外出を極力控える必要があります。イ...

インフルエンザは驚異的な感染力を持ち、飛沫や接触、空気によっても感染する可能性があります。寒い時期に流行るために毎年予防が呼びかけられ、感染をした人はしばらく人との接触を避けなければいけません。このインフルエンザは、発症後はいつまでうつる可能性があるのでしょうか。特に一緒に住んでいる家族にはこういった知識を持っていなければ、家族全員が感染してしまうおそれもあります。インフルエンザがうつる可能性のあ...

インフルエンザにはA、B、Cの3つの型があり、A型の場合は熱が高く、喉の痛みや頭痛、咳、鼻水などの風邪に似た症状が現れますが、比較的早く治ります。一方B型は、A型ほどには熱が上がらず、消化器系の症状が見られます。C型はあまり見られませんが、上気道感染、つまり鼻から喉にかけての症状が出やすいです。いずれの場合も、対処方法としてはまず病院に行きましょう。ところでB型インフルエンザの消化器系症状、つまり...

インフルエンザは夏でも流行する場合があります。この場合、インフルエンザの感染対策としては海水浴など人混みの中は極力避ける方法があります。インフルエンザは他人の咳やくしゃみから感染するために、特に風邪を引いている人の近くに寄ることは避けた方が良いでしょう。また、夏にインフルエンザが流行した場合の対策としては、帰宅時に手洗いとうがいをしっかりと行う事が重要です。殺菌性の強い石鹸等を使用する事を推奨しま...

発症してから熱が出て数日続くインフルエンザは、解熱後に意外な症状が出ることもあります。症状と原因をよく理解して対策を講じることが大切です。インフルエンザで解熱後に低体温が続く症状が出る人は、珍しくありません。これは処方されている医薬品の副作用の可能性があります。一部の処方薬にはインフルエンザの症状を緩和してくれる効果がありますが、副作用として解熱後に低体温になってしまうからです。なお、処方薬であれ...

インフルエンザを発症すると頭痛や咳、くしゃみ、関節痛や筋肉痛などの症状が現れたり、突然38度以上の高熱が出たりするようになります。高熱が出て苦しいと解熱剤を服用したくなりますが、インフルエンザを発症した時に解熱剤を服用する場合は注意が必要です。なぜなら、解熱剤の種類によってはインフルエンザ脳症やインフルエンザ脳炎、ライ症候群などの重病を発症する可能性があるからです。これらの病気を発症すると何らかの...

風邪かインフルエンザウイルスかわからない場合、検査を行うのが一般的です。ただし、ウイルスの陽性反応が出るのは発熱してから24時間前後といわれています。発症してから陽性反応が出るのに時間がかかるため、検査を受けるのは発熱してからにしてください。インフルエンザは発熱がひどく、数日たつと下がりますが、熱が下がっても検査を受けた場合、いつまでインフルエンザに陽性反応が出るのか、気になる人は少なくありません...

インフルエンザは検査を受ける事でプラスかマイナスになっているかが分かります。プラスが陽性でマイナスが陰性です。陽性の場合はインフルエンザにかかっているかもしれません。反対に陰性だとインフルエンザにかかっていないと言えるでしょう。ですが、1度きりの検査で決めつけてはいけません。何故ならインフルエンザの検査は陽性だと判断された場合でも翌日に再度検査を受けると陰性に変わってしまう場合があるからです。プラ...

高熱などの症状がずっと続いている時はかかりつけの病院に行くことが望ましいです。インフルエンザの可能性が高いなら、検査を受けることが必要です。インフルエンザの検査結果が陰性であっても、担当医に診断書を書いてもらうことが大事です。陰性だとわかってからも具合が悪い間は身体を休めることが正しいです。インフルエンザの疑いはない場合も別の病気であることもあり得ます。なるべく自宅療養に専念できることが理想的です...

インフルエンザの症状が出ているなら、すぐに検査を受ける必要があります。医療機関を受診する場合、マスクを使うなど工夫すると周囲への感染予防にもつながります。インフルエンザの疑いがある時点で仕事や学校は欠席することが正しいです。検査でインフルエンザではないとわかっても、高熱がある際は自宅で安静にすることが大事です。ただの風邪も悪化させると重症化することも珍しくないです。熱が下がってから外出することが好...

インフルエンザにかかったとしても、検査で陽性反応が薄い、あるいは出ないこともあります。原因の一つは、既に治りかけている可能性が高い事です。熱が出て何日間か寝込んでから検査をしたときには起こりがちですが、菌を保持しているから陽性とはなりますが、どうしても薄い可能性はあります。インフルエンザキットを利用しても反応が薄い場合、完全に菌が繁殖してない可能性が高いからです。インフルエンザは発症してから24時...

インフルエンザを発症している可能性がある場合には、暴飲でしっかりと検査を受ける必要があります。しかし症状が現れたからといってすぐに病院を受診しても、結果が出るということではありません。インフルエンザの検査に関しては、発症後一定の時間が経過しなければ結果がでないというようになっています。したがってその点をしっかりと把握しておくようにします。インフルエンザ発症後、すぐに検査を行っても陽性と判定されない...

まずインフルエンザ検査方法といえば鼻へ長い綿棒を入れて粘膜液を採取する方法が一般的ですが実は鼻以外からもインフルエンザ検査は可能です。しかしながら鼻からの検査方法の方が絶対では無いものの正確な確率としては85%と高いので多くの医療機関で行われているのが現状です。それ以外として挙げられるのが「喉頭ぬぐい液」といい喉に鼻同様に長い綿棒で奥の方を擦って採取しないとならない為、空腹時の検査が望ましいです。...

幅広い年齢層の方が気をつけていかなければいけない病気の一つにインフルエンザがあり、一度発症すると完治するまで時間がかかる病気でもあるため日頃からしっかりと対策を取っていく事が大事であります。インフルエンザを発症する原因についてはインフルエンザウイルス体内に入り込み感染してしまう事からこの病気を発症してしまい、感染力も高いため注意していきたい所であります。特に乳幼児や高齢者の方はインフルエンザに対す...

インフルエンザは発症してから48時間経過してウィルス量がピークになります。したがって、それまでに薬を飲まなければ効果が発揮されにくいので、検査で素早く結果が出ることが要求されます。また、検査は素早さだけでなく、正確性も問われるという理由から、検査では簡易検査キットが使われます。インフルエンザの簡易検査キットは、綿棒で患者の鼻の奥の粘液を採取して検査するものです。自宅で市販の検査キットを使って検査を...

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染することで起こります。ウイルスが喉や肺にくっついて増殖することにより症状が出てきます。感染経路は「飛沫感染」です。インフルエンザに感染している人が咳やくしゃみをすると、そのしぶきの中にウイルスが含まれています。それを吸い込むことによって感染するのです。突然高熱が出るのが特徴で、38℃を超えるとインフルエンザが疑われます。しかし38℃以下でも感染してる...

冬が近づいてくると気になってくるのがインフルエンザです。インフルエンザは11月から12月にかけて流行が始まり、1月から3月にピークとなります。子供や高齢者がインフルエンザに罹患した場合、重篤な症状に及ぶことがありますので、罹患しないための予防と罹患してからの適切な治療方法が大切です。インフルエンザを完璧に防ぐことは不可能なので、予防接種で罹患の可能性を少なくする、日々の生活で予防することが必要です...

厄介な病気の一つにインフルエンザがあり、幅広い年齢層の間で発症する恐れがあるため気をつけていかなければいけなくなります。インフルエンザは風邪と似た症状がありますが、症状の現れた方はかなり強めであり38度以上の高熱を出したりする事もあるため、注意していく必要があります。特に高齢者や乳幼児の方がインフルエンザを発症すると重症化する恐れもあるため、日頃からの対策が大事となります。インフルエンザの主な症状...

インフルエンザは毎年の様に多くの人がかかっているので、最も注意しなければいけない病気とされています。しかも悪化すると蕁麻疹の症状が出る場合があるため、しっかりと適切な対策を取らなければいけないです。それはやはり出来る限り健康的な身体を保つには、意識的に良い行動をする事が大事になってきているからです。したがってインフルエンザによる蕁麻疹の症状を出さないためにも、適切な行為をする方が無難です。そうは言...

インフルエンザを発症すると、高熱に伴って頭痛や吐き気や身体の痛みなどを発症します。インフルエンザの治療で大切な事は、安静にして眠ることです。高熱が体内のウイルスを退治してくれるために、むやみに解熱剤で熱を下げる事を推奨しません。もっとも、何時間も高熱で頭痛が治らない場合は、医師に相談をするようにしましょう。頭痛が伴う高熱が続く場合、座薬などの解熱剤を処方してくれる場合があります。これによって頭痛が...

インフルエンザにかかると、徐々に体力がなくなり悪寒を感じてしまうようになります。それから発熱するようになり、39度や40度などの高熱が出てしまうのが特徴です。体内に入ったウィルスが増殖してしまうので発熱が起きてしまうわけですが、一定期間が過ぎればウィルスの減少で熱も下がってくるようになります。ただし、ここで気を付けたいのがインフルエンザの再発です。インフルエンザが治った後に再発してしまう場合があり...

冬場に向かうと、インフルエンザが流行する事が多くなります。ウィルスは、人にも感染するため、注意が必要となります。インフルエンザに感染して、鼻水が止まらない症状を発症する人もいます。対処法としては、いくつかの方法があります。例えば、内科などの病院を受診して、有効なお薬で、鼻水が止まらない症状を改善する事もできます。有効なお薬を使用した対処法も広まっていますので、医師に相談しながら治療をしてもらう事が...

毎年インフルエンザの予防接種を受けている方もいらっしゃるかもしれませんが、予防接種を受けていても症状は軽いものの、これにかかる場合も少なくありません。突然の高熱や体のだるさ、関節の痛みや吐き気などの症状がでたら、ただの風邪ではなくインフルエンザかもしれません。感染能力の高さがあり、自分の周りに発症している人がいるのなら、高い確率でインフルエンザにかかることが予想されます。また、インフルエンザか風邪...

インフルエンザは、毎年11月から2月にかけて流行るウィルス感染の病気です。学校や会社などの集団がいる状況では感染もしやすいために、予防接種や帰宅時の手洗いなどで対策をする人も少なくありません。万が一インフルエンザに感染したときは、通常は病院に行ってタミフルなどの薬を処方してもらう行為が一般的に見られるかもしれません。しかし、インフルエンザは薬を飲まない場合でも自然治癒することが可能なのです。という...

インフルエンザは予防することでかかったとしても症状が軽くで済むなど効果があります。予防の為には予防接種を受けることが必要です。しかし予防接種を受ける前にどのような成分が配合されているのか、またはどのようなリスクがあるのかといったことを一通り知っておくことが大切になってきます。最近では予防接種を受けるかどうかも任意になっています。しっかりと成分やリスクの知識を知ってから予防接種を受けるためには情報検...

寒い時期に流行することが多いインフルエンザb型ですが、大人が罹患してしまった時の症状とは、一体どのようなものなのでしょうか。まずは、風邪と似たような症状が出てきます。この時点ではインフルエンザb型ということに気が付かない大人が多いので、処置が遅れてしまうことが多々あります。熱は38度程度まで上がりますが、40度という高熱は出ないので、ここでもまだ風邪の症状だと勘違いしてしまう大人が多いのです。しか...

冬になるとインフルエンザが流行するようになっています。このときに気になるのがインフルエンザウイルス排出期間となっています。インフルエンザはウイルスによって感染するようになっているので、この排出期間をしっかりと頭に入れておくことで病気の予防をすることができます。インフルエンザウイルスが増える時期というのは、温度が関係しています。温度が高くなれば生存しにくくなっていますが、このときには湿度も関係してい...

C型のインフルエンザはあまり知られていないといえます。A型やB型は予防接種なども頻繁に行わているということもあって名前は知っているという人も多いといえます。しかし、実はC型のインフルエンザも毎年非常に流行しているということがあります。大人でもしっかりと特徴を知り対策を取っておかなければ高熱が出てしまうことになります。C型のインフルエンザの特徴は季節が1月から6月と他のインフルエンザよりも長いことで...